商標とは?


商標法において「商標」とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるものをいう、と定義されています(2条)。

商標には、

【文字だけのもの】
【図形だけのもの】
【記号だけのもの】
【文字と図形、記号を組み合わせたもの】
【立体的なもの】
【音響】
【ホログラム】
【動き】
【位置】
【色彩のみ】

などがあります。

商標は、使用されて初めて商標としての機能を発揮します。
ここで商標の使用について2条1項3号各号に規定されていますので、紹介します。


1号
商品又は商品の包装に標章を付する行為

2号
商品又は商品の包装に標章を付したものを譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、又は電気通信回線を通じて提供する行為

3号
役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物(譲渡し、又は貸し渡す物を含む。以下同じ。)に標章を付する行為

4号
役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物に標章を付したものを用いて役務を提供する行為

5号
役務の提供の用に供する物(役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物を含む。以下同じ。)に標章を付したものを役務の提供のために展示する行為

6号
役務の提供に当たりその提供を受ける者の当該役務の提供に係る物に標章を付する行為

7号
電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法をいう。次号において同じ。)により行う映像面を介した役務の提供に当たりその映像面に標章を表示して役務を提供する行為

8号
商品若しくは役務に関する広告、価格表若しくは取引書類に標章を付して展示し、若しくは頒布し、又はこれらを内容とする情報に標章を付して電磁的方法により提供する行為

9号
音の標章にあっては、前各号に掲げるもののほか、商品の譲渡若しくは引渡し又は役務の提供のために音の標章を発する行為

10号
前各号に掲げるもののほか、政令で定める行為