使用意思


商標登録を受けるには、その商標を自己の業務に関する商品・役務に使用すること、または使用する可能性(使用意志)があることが、商標登録の要件となります。

明らかに使用する可能性がないものについては、使用の証拠または使用の予定表等の提示を求める拒絶理由通知を受けることがあります。