商標調査

商標調査とは、商標登録出願をする前に、

「商標が識別力を有するものかどうか?」

商標を使いたい商品や役務(サービス)について、
「他人の出願の商標と同一・類似ではないか?」
「他人の登録商標と同一・類似ではないか?」

などの事前に行う調査のことです。

事前に調査を行わずに出願すると、拒絶理由が通知されたり、出願が拒絶されたり、それまでの労力と費用が無駄になってしまう可能性があります。

また、事前の調査は、商標の類似判断など専門性を有します。素人のお客様では、その判断は困難であると思われます。ですので事前の調査は、法律の知識や判例の知識を有し、商標調査に経験のある専門家に依頼することをおすすめします。 商標登録出願の際は専門家による事前調査を行い、確実たる権利化を望みましょう。